特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

防潮堤に刻む「思い」4000枚 石巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
防潮堤の壁面に波板石を並べる住民ら=宮城県石巻市雄勝町の波板地区で百武信幸撮影
防潮堤の壁面に波板石を並べる住民ら=宮城県石巻市雄勝町の波板地区で百武信幸撮影

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた石巻市雄勝町の波板地区で、住民のメッセージを刻んだ「波板石」(玄昌石)を防潮堤に飾る「メモリアルウォール」プロジェクトが始動した。訪れた海水浴客や観光客らに見てもらおうと、防潮堤の壁面に約4000枚を並べる予定。企画した団体は「海とともに生きていく住民の思いを未来に伝えることができたら」と期待を込める。【百武信幸】

 プロジェクトは、住民と東北大の研究者、首都圏のアートディレクターらが参加し、2010年から地域づくりを考える活動をしている団体「ナミイタ・ラボ」が企画。団体は6月から、住民らのメッセージを裏側に刻んだ黒や灰色の石を、真っ白なコンクリートの壁面に張り付ける作業に本格着手する。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文982文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集