メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本社世論調査

参院選「行く」88%

最も重視する参院選の争点

重視する争点 「年金・医療」25%

 28、29両日の毎日新聞の全国世論調査によると、夏の参院選で投票に「必ず行く」という回答は60%、「たぶん行く」は28%で、計88%だった。前回参院選前の2013年7月調査では「必ず行く」(67%)と「たぶん行く」(25%)を合わせて92%。今のところ大きな変化はみられない。前回参院選の投票率(選挙区)は52.61%で戦後3番目に低かった。今回、「たぶん行かない」は5%、「行かない」は2%だった。

 参院選で最も重視する争点は、「年金・医療」25%▽「アベノミクス」12%▽「憲法改正」11%▽「子育て支援」10%▽「消費増税」9%▽「安全保障関連法」8%▽「震災からの復興」8%−−などの順になった。憲法改正は内閣支持層では6%だったのに対し、不支持層では22%を占めた。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです