メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

もっと光を トイレ、入浴…避難所対応に助言 支援団体がガイド

「にじいろ防災ガイド」を手にするNPO法人高知ヘルプデスク代表の浜口ゆかりさん=高知県南国市で、松原由佳撮影

 心と体の性が一致しない性的少数者(LGBTなど)を支援する高知、岩手両県の団体が、支援者や自治体向けに災害時の対応策をまとめた「にじいろ防災ガイド」を作製した。性的少数者の避難所などでの人権保護が狙いで、「更衣室や入浴施設は1人ずつ使える時間帯を設ける」などと助言する内容。熊本地震後、現地のLGBT団体に送ると、「周囲の視線を気にして車中泊をする場合がある。早く各自治体にもガイドを」と反響があったという。【松原由佳】

 両団体は、NPO法人「高知ヘルプデスク」と「岩手レインボー・ネットワーク」。東日本大震災で被災した岩手と南海トラフ地震に備える高知で2014年からワークショップを開いて課題をまとめ、今月から配布を始めた。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです