メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カツゲン

発売60周年 道民のソウルドリンク 雪印メグミルクの乳酸菌飲料、世代超え愛され続け /北海道

現行のソフトカツゲン(左)と、受験シーズン仕様、フルーツ味のパッケージ

 ほぼ道内限定で販売され、道民の「ソウルドリンク」の一つとされる雪印メグミルクの乳酸菌飲料「カツゲン」が、今年で発売60周年を迎える。独特の甘酸っぱさと、時代に合わせて変化してきた味は、世代を超えて道民に愛され続けてきた。【野原寛史】

 同社の「酪農と乳の歴史館」(札幌市東区)の猪狩章博館長によると、カツゲンは1938年に前身の道製酪販売組合連合会が生産した「活素(かつもと)」がルーツとされる。乳酸菌飲料の実績があった同社に、兵士の健康維持に悩まされた旧日本軍が開発を命じたという。

 戦後は道内で複数のメーカーが乳酸菌飲料を製造販売したが、56年に転機が訪れる。大手の「ヤクルト」が本州から進出する直前、雪印乳業が対抗策として、グループ内で新商品開発に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです