メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災と補助犬シンポジウム

「平時から準備を」 熊本地震で車中生活も /兵庫

参加者の足元で休む補助犬の姿も見られたシンポジウム=東京都千代田区で、釣田祐喜撮影

 超党派の国会議員による「身体障害者補助犬を推進する議員の会」(会長・尾辻秀久参院議員)はこのほど、東京都内で「防災と補助犬」をテーマにシンポジウムを開いた。熊本地震で災害弱者への支援のあり方が改めて問われたことから、平時から支援の体制を整えておくよう求める意見が相次いだ。県内からも補助犬団体の関係者が出席し、課題と向き合った。【釣田祐喜】

 シンポは身体障害者補助犬法成立(2002年5月22日)を記念し、補助犬議連が13年に制定した「ほじょ犬の日」に合わせ毎年開かれている。国会議員や補助犬の使用者、育成団体の関係者ら約90人が参加し、熱心に聴き入っていた。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  4. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』日本アニメ初、ドルビーシネマ版上映決定

  5. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです