アングル

きずなプロジェクト 神戸・流通科学大 被災地つなぐ復興支援 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災の被災地から集まったこいのぼりには「応援しています!!」などのメッセージが書き込まれた=神戸市西区の流通科学大で、神足俊輔撮影
東日本大震災の被災地から集まったこいのぼりには「応援しています!!」などのメッセージが書き込まれた=神戸市西区の流通科学大で、神足俊輔撮影

 熊本地震の発生後、流通科学大(神戸市西区)の学生が復興支援活動を行っている。「熊本・大分・東北・神戸きずなプロジェクト」で、熊本地震の被災地と阪神大震災(1995年)の被災地・神戸、東日本大震災(2011年)の被災地の東北をつないだ支援の形を作り出している。【神足俊輔】

 5月上旬、宮城県南三陸町などで集められたこいのぼりに同大の学生や小学生…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集