メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

チャバハル港から中央アジアへ=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 イラン外務省のアラグチ次官は、国際公共政策研究センターの会合でイランの政治体制に触れた。「イランでは国民の投票が権力の正統性の源泉だ。民衆蜂起が相次ぐ他とは異なる」

 イランでは保守強硬派と改革穏健派との対立が続く。強硬派によれば最高指導者(現在はハメネイ師)は投票とは無関係で「神」による任命とする。具体的には「専門家会議」で決定される。そして直近の「会議」ではジャナティ師が次の最高指導者選びに影響力を持つトップに選出された。2月の国会議員選挙では改革穏健派が大勝し、保守強硬派ジャナティ師は辛勝だった。民意は明らかだが、選挙を経ない「会議」ではジャ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです