メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/3 きょうだいも「主役」

病気の子のきょうだいのケアに取り組む小澤美和医師(右)=東京都中央区の聖路加国際病院で、竹内幹撮影

 春の休診日。聖路加国際病院(東京都中央区)の小児科外来で、車イスに乗ってはしゃぐ男の子6人の姿があった。入院中の子の「きょうだい」のために開かれたイベントだ。看護師が紙芝居を見せながら男の子たちに問いかけた。「ママの帰りが遅くなったり、つまらないなと思ったりすることもあるよね」。一人が「うん」と答えると、他の子たちもうなずいた。

 小児病棟は、患者でない小学生以下の子は感染症予防のため原則的に入れない。小児がんなどで入院している…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです