メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 出産や育児教育を実践 学生の「ライフプラン」への意識育む

順天堂大学のセミナーで、本田由佳非常勤助教(中央)の助言を受けながら妊婦体験ジャケットを身に着ける男子学生=東京都文京区の同大学で

 経済成長の担い手として働き、出産・子育てもこなして少子化に歯止めを−−。今の大学生には、社会の期待がのしかかっている。18歳人口の減少に直面する大学にとっても、少子化対策は大きな課題だ。卒業後の進路を具体的に考える前に、出産や育児を踏まえたライフプランに目を向けさせる教育が、大学で広がっている。

 ●仕事「低空」の時期あっても

 「35歳以降に出産を考える人が多いですが、その時点では卵子の数がかなり減ってしまいます」「妊娠力に…

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです