メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 出産や育児教育を実践 学生の「ライフプラン」への意識育む

順天堂大学のセミナーで、本田由佳非常勤助教(中央)の助言を受けながら妊婦体験ジャケットを身に着ける男子学生=東京都文京区の同大学で

 経済成長の担い手として働き、出産・子育てもこなして少子化に歯止めを−−。今の大学生には、社会の期待がのしかかっている。18歳人口の減少に直面する大学にとっても、少子化対策は大きな課題だ。卒業後の進路を具体的に考える前に、出産や育児を踏まえたライフプランに目を向けさせる教育が、大学で広がっている。

 ●仕事「低空」の時期あっても

 「35歳以降に出産を考える人が多いですが、その時点では卵子の数がかなり減ってしまいます」「妊娠力には個人差があります。過信せずチェックすることが大切」。順天堂大学医学部産婦人科学講座(東京都文京区)の北出真理教授の言葉を、学生たちが真剣に書き留める。今月21日、同大が初めて開催した妊活とキャリアを考える学生向けセミナーには、男子2人を含む23人が参加した。

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです