野党

内閣不信任案を午後提出へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進、共産、社民、生活の野党4党は31日午後、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」が失敗したなどとして、内閣不信任決議案を衆院に共同提出する。同日中に衆院本会議で採決され、自民、公明両党などの反対多数で否決される見通しだ。

 安倍首相が来年4月に予定した消費税率10%への引き上げを2019年10月へ2年半再延期する方針に対し、野党は批判を強めている。首相は衆参同日選を見送り、参院選で有権者の審判を仰ぐ考えだ。

 民進党の岡田克也代表は31日午前の臨時常任幹事会で「前回総選挙で『17年4月に上げる状況に持って行く』と断言した。アベノミクスの失敗以外の何ものでもない。国民に対してのごまかしだ」と批判し、内閣不信任決議案を審議する衆院本会議で自ら問いただす考えを示した。安住淳国対委員長も記者会見で、「消費税を上げる環境を整備できず、内閣総辞職に値する。今日の不信任案が参院選の戦闘開始だ」と述べ、参院選で争点化…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集