ロシア

大統領公式訪日要求 日本、「非公式山口で」打診

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日露両国が検討しているプーチン大統領の訪日計画をめぐり、ロシアが訪問先に東京を含めた公式訪問とするよう求めていることが30日明らかになった。安倍晋三首相が年末までの非公式訪問を打診したと伝えられているが、ロシア側は経済問題で成果の伴う公式訪問を望んでいる。「首脳間の友好」を重視したい日本と、実務面を重んじるロシアの温度差が露呈しており、両国の駆け引きが激しくなりそうだ。

 日露外交筋によると、ロシア側は訪日計画について「首脳間の友好だけではなく、経済関係や平和条約交渉を進めるためには公式訪問が好ましい」と主張。安倍首相が5月上旬の首脳会談でプーチン大統領を地元・山口県へ招く意向を伝えたとされているが、「山口への招待に反対しないが、訪問先に東京も組み込むべきだ」と求めているという。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文863文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集