メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し
名人戦

羽生、決断の仕掛け 第5局

 山形県天童市の天童ホテルで30日始まった羽生善治名人(45)と挑戦者・佐藤天彦(あまひこ)八段(28)の第74期名人戦七番勝負(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は午後6時37分、佐藤が58手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち、消費時間は羽生3時間39分、佐藤4時間24分。2日目の31日は午前9時に対局を再開する。

 3勝1敗の佐藤が、初の名人位へあと1勝に迫った第5局。佐藤がここで一気にタイトル奪取を決めるか、羽…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです