メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 法政大学に国際日本学インスティテュートという大学院の専攻がある。分野横断で日本の文学や史学や地理学や文化・社会などを学べる組織だ。留学生が多く、社会人学生もいる。

 ここでは、すべての学生が集まって時々合同演習をおこなう。歌舞伎役者や音楽家など、さまざまな方が講師をつとめる。先日は落語家の立川談慶さんが来てくださった。落語は2席、そのうえ対談もしていただいた。爆笑の連続。「新聞で正しいのは日付だけだ」。これは亡くなった立川談志の言葉である。「これってメディアリテラシーですよね」と談慶さん。そのとおり。日付以外は疑った方が思考力は鍛えられる。ちなみに談慶さんの慶は出身大学の慶応のことだ。7月にはまた新著を出す。落語…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです