メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

米原万里 没後10年 今も通じる発言の本質 妹が明かす規格外の素顔

『姉・米原万里』で素顔を紹介した井上ユリさん=東京・八重洲ブックセンターで先月開かれた「米原万里没後10年フェア」の回顧展で

 ロシア語通訳で名をはせ、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』『オリガ・モリソヴナの反語法』などのエッセーや小説でも知られる米原万里(1950〜2006年)が亡くなって今年で10年を迎えた。妹の井上ユリさんが素顔を明かす『姉・米原万里』(文芸春秋)が刊行されたのをはじめ、その不在を惜しみ、作品を改めて読む動きが広がっている。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです