メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

手話言語条例とは? /滋賀

 なるほドリ 県ろうあ協会などが「手話言語条例(仮称)」の制定を求めて署名活動をしていると聞いたけれど、どんな条例なの?

 記者 2011年に改正された障害者基本法で、手話が「言語」であることが明記されたのを受け、手話の理解や普及を進め、聴覚障害者が生活しやすい環境を整備することを目的とした条例です。

 Q 他の都道府県では同じような条例は制定されているの?

 A 手話の普及を進めようと13年に鳥取県が「手話言語条例」を制定したのが始まりで、全国の都道府県に同様の条例制定の動きが広がりました。5月31日現在、県レベルでは鳥取、神奈川、埼玉、群馬、長野、沖縄の6県。市町村レベルでは、大阪市や京都市など41市町で制定されています。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです