京の人今日の人

パン屋撮り続ける写真家 田村泰雅さん /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

仏での写真展が夢 田村泰雅さん(29)

 京都市北区の田村泰雅さん(29)は、記念写真を撮影する出張写真業を営む。トレードマークはベレー帽と蝶ネクタイ。フィルムカメラのローライフレックスを手に、「家族や友達との思い出が詰まった一枚を届けたい」と京都の街を駆け回る。出張写真の傍ら、「ライフワーク」にしているのがパン屋巡り。市周辺のさまざまなベーカリーを回り、パン職人の仕事をカラー写真に収めている。

 香川県東かがわ市出身。大谷大学在学中、両親から贈られた写真集の作品に魅了された。子供から高齢者まで人物の表情を生き生きと伝える写真を見て、自らカメラを手に取るようになった。2009年に大学を卒業して給食製造会社に就職。12年に退職し、写真家として独立した。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文811文字)

あわせて読みたい

注目の特集