メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/7 「自殺」という過酷な死、増やさない 超党派の議連で取り組み /香川

検証フォーラムで発言する「自殺対策を推進する議員の会」副会長の武見敬三・参議院議員(自民)=東京都千代田区で、玉木達也撮影

 自殺対策基本法は2006年6月、議員立法として成立し、同10月施行した。国政の舞台では、与野党がさまざまな政策を巡り、鋭く対立する場面が多い。しかし、この法律は政党間の高い壁を乗り越え、超党派で実現させたものだった。

 超党派の議員連盟として13年10月、生まれた「自殺対策を推進する議員の会」。設立趣意には、こう書かれている。

 「政治家の使命は、国民の命を守ること。本人にとっても家族にとっても、『自殺』という過酷な死を強いら…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです