メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/7 「自殺」という過酷な死、増やさない 超党派の議連で取り組み /香川

検証フォーラムで発言する「自殺対策を推進する議員の会」副会長の武見敬三・参議院議員(自民)=東京都千代田区で、玉木達也撮影

 自殺対策基本法は2006年6月、議員立法として成立し、同10月施行した。国政の舞台では、与野党がさまざまな政策を巡り、鋭く対立する場面が多い。しかし、この法律は政党間の高い壁を乗り越え、超党派で実現させたものだった。

 超党派の議員連盟として13年10月、生まれた「自殺対策を推進する議員の会」。設立趣意には、こう書かれている。

 「政治家の使命は、国民の命を守ること。本人にとっても家族にとっても、『自殺』という過酷な死を強いられる人を、これ以上増やさないことです」

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです