メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
つなぐ

/7 「自殺」という過酷な死、増やさない 超党派の議連で取り組み /香川

検証フォーラムで発言する「自殺対策を推進する議員の会」副会長の武見敬三・参議院議員(自民)=東京都千代田区で、玉木達也撮影

 自殺対策基本法は2006年6月、議員立法として成立し、同10月施行した。国政の舞台では、与野党がさまざまな政策を巡り、鋭く対立する場面が多い。しかし、この法律は政党間の高い壁を乗り越え、超党派で実現させたものだった。

 超党派の議員連盟として13年10月、生まれた「自殺対策を推進する議員の会」。設立趣意には、こう書かれている。

 「政治家の使命は、国民の命を守ること。本人にとっても家族にとっても、『自殺』という過酷な死を強いら…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文716文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです