メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/4 就労 元患者の自信に

常連の客にコーヒーを出すはーとりんく喫茶の女性スタッフ=新潟市中央区で、林田七恵撮影

 来店した客の注文を聞き、コーヒーを出す。あいさつを交わしたり、「ありがとう」の一言をもらえたりするのがうれしい。客のいない時間は薬剤師を目指して勉強する−−。新潟市中央区のオフィス街のビル1階にある「はーとりんく喫茶」で働く女性(30)は、店での一日を忙しく過ごす。

 中学生の時、がんウイルスが原因の病気にかかり、視覚や腎臓に障害が残った。印刷工場に就職したが、担当した製品検査の仕事は目に負担が大きかった。疲労がピークに達したころ、はーとりんく喫茶に採用された。「自分が必要とされていると感じられる」と声を弾ませる。

 はーとりんく喫茶は、2013年4月にオープンした小児がん経験者のための就労施設だ。20席ほどのスペ…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです