メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンピロバクター

生肉などに付着の細菌 進化する食中毒予防 急速冷凍で大幅減/ノロウイルス消毒はエタノール系有効

 食べ物が傷みやすく、食中毒が気になる季節になった。夏場に最も危険なのが、生肉などに付着する細菌「カンピロバクター」だ。厚生労働省は被害を減らそうと昨年度から本格的な研究に乗り出し、「鶏肉の急速冷凍」など菌を減らす有効な対策も見えてきた。【桐野耕一】

生肉などに付着の細菌「カンピロバクター」、急速冷凍で大幅減 厚労省研究班

 厚労省の統計によると、国内では昨年1202件の食中毒が報告され、2万2718人の患者が出た。発生件数の約3分の1(431件)は細菌が原因で、ピークは6月(67件)。鶏や牛、豚などの腸内に生息するカンピロバクターはこの7割以上を占め、年間の発生件数は318件に上る。

 かつては、鶏卵などにいるサルモネラ菌による食中毒も多かったが、鶏に接種するワクチンの普及などで、昨…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです