メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高浜原発

1、2号運転延長へ 「40年超」審査終了へ 

関西電力高浜原発の(手前から)1号機、2号機=福井県高浜町で2016年2月、本社ヘリから小関勉撮影

 原子力規制委員会は31日、関西電力が最長60年の運転を目指す高浜原発1、2号機(福井県)で、40年を超えた運転に必要なすべての審査を6月2日で終え、延長に必要な認可手続きに入ることを明らかにした。東京電力福島第1原発事故を受けた法改正で「原則40年」とされた原発の寿命が、全国で初めて延長されることが固まった。

 40年を超える運転には、期限までに通常の原発と同じ安全審査合格に加え、運転延長など二つの認可が必要。高浜1、2号機は4月に安全審査に合格している。期限は7月7日で、原子力規制委員会はそれまでにすべての認可手続きを終える予定だ。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです