メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

弱点ない、スキない…20代の佐藤新名人は総合力

羽生善治名人を破り名人位を獲得し、感想戦で対局を振り返る佐藤天彦新名人=山形県天童市の天童ホテルで2016年5月31日午後7時4分、長谷川直亮撮影

 将棋界に新世代の覇者が誕生−−。山形県天童市の天童ホテルで30、31日に指された第74期名人戦七番勝負(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は、挑戦者の佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が羽生善治名人(45)に勝ち、4勝1敗で新名人の誕生となった。第60期以降、羽生と森内俊之九段(45)の2人が名人の座を14期守ってきたが、20代の新名人の誕生で新時代を迎えた。

 以前から注目されていた佐藤だが、昨年A級に昇級すると、ためていたエネルギーを爆発させるかのような大活躍。1期目のA級順位戦を8勝1敗で通過し、名人戦の挑戦権を得た。昨秋の王座戦は羽生王座に2勝3敗で惜敗。今年の棋王戦は渡辺明棋王(32)に1勝3敗で、タイトル獲得には至らなかった。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです