メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤新名人一問一答「自分の良いものが出た」

感想戦で対局を振り返る佐藤天彦新名人(左)と羽生善治名人=山形県天童市の天童ホテルで2016年5月31日午後7時41分、長谷川直亮撮影

 山形県天童市の天童ホテルで30日から指されていた第74期名人戦七番勝負(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は31日午後6時44分、初挑戦の佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が羽生善治名人(45)に100手で勝ち、4勝1敗で初の名人位を獲得した。

 名人戦七番勝負第5局の対局後、佐藤天彦(あまひこ)新名人の記者会見が開かれた。その人となりが垣間見えた主な一問一答は以下の通り。【最上聡】

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです