連載

日本ワタシ遺産

毎日新聞デジタルの「日本ワタシ遺産」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

日本ワタシ遺産

登録No.09 全興寺(大阪市平野区)/登録No.10 伊豆極楽苑(静岡県伊豆市)  写真・文 半田カメラ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

これは、大仏写真家である半田カメラが、一般的に知名度は低いが素晴らしい!という国内の異空間スポットを、勝手に日本ワタシ遺産に登録、紹介するという、とても個人的で偏った企画です。

アナタが知らない「愛」と「教え」に満ちた地獄

季節は初夏のにぎわい! 日差しもまぶしい今日このごろ、ではございますが……そんな陽気はどこ吹く風。おヘソが曲がって付いている私が、今回ご紹介するのはまるで逆! アナタが知っていそうで知らない「地獄の世界」です。

残念ながら人間死亡率は100%、誰もが逃れられない死後の世界とはこれいかに。仏教ベースの日本人に一般的なのは、生前良い行いをすれば極楽、悪い行いをすれば地獄へ行くというもの。その時に向けまずは現世で予行演習、地獄極楽を知っておこう!というのが今回のご提案。私がオススメする東西二大地獄をご案内いたします。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ
写真・半田カメラ 拡大
写真・半田カメラ

まずは西の地獄、大阪は平野にあるお寺、全興寺さん。ここでは「子供が地獄を学ぶ」ということに重きが置かれています。というのも全興寺さんは、地元の子供たちが放課後遊びに来る、地元密着型のお寺なのです。

写真・半田カメラ 拡大
写真・半田カメラ

境内には「駄菓子屋さん博物館」や「ほとけのくに」という瞑想(めいそう)スペースなど、関西的なオモシロと工夫がいっぱいあるのですが、特に今回のテーマである「地獄堂」は一見の価値があります。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

地獄堂入り口には「極楽度・地獄度チェックマシーン」があり、項目にそってボタンを押せば、地獄行きか極楽行きかの判定がくだります。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

堂内はさながらミニ地獄。左に9人の裁判官、裁判官の中でも一番厳しい閻魔(えんま)様が中央に、右にはうそをつくと舌を抜く怖ーい鬼と、死者の衣服をはぎ取る老婆の鬼、奪衣婆(だつえば)が! 気の弱い子供は、間違いなく立ち入らないところですが、「中央のドラをたたくと地獄があらわれる」というゲームセンター的趣向に好奇心がウズウズ……と。たたけば閻魔様の脇にある鏡に、大人が見ても背筋の凍る地獄の映像が現れます。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

この映像はただ子供を怖がらせるだけのものではなく、メッセージがあります。「自分の命も人の命もひとつだけ」。親や周りの人を悲しませてはいけないという、とてもシンプルながら最も大事な教え。これを子供たちは怖がり楽しみながら、素直な心で感じているように見えました。

写真・半田カメラ 拡大
写真・半田カメラ

つづいて東の地獄は対照的に「大人に自分で考えてもらう」あの世のテーマパーク。フレンドリーにピースする鬼が目印の、伊豆半島中央部にある伊豆極楽苑さんです。オトナと言うだけあって、苑内には小さな秘宝展もあります。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

この施設で特筆すべきなのは、展示物はすべて家族が手作りで作り上げ、家族で経営しているということ。そんな家内制手工業的でありながら、その展示物の完成度はとても高く驚かされます。まず苑内に入ると畳敷きの間に通され、奥さまが軽妙な語り口であの世の解説をしてくださいます。

写真・半田カメラ 拡大
写真・半田カメラ

その解説をふまえた上でのあの世巡り、最初は三途(さんず)の川と賽(さい)の河原のジオラマ。次に閻魔様のお裁きの間へ。そこは座布団が並べてあり、実際に座って閻魔様の前で懺悔(ざんげ)をします。置いてある「懺悔帳」には来苑者のさまざまな懺悔の言葉があります。「旅の恥はかき捨て」。はるばる伊豆まで来たのなら、思い切って本音で反省してしまいましょう。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ

そして判決が下り行き先が決まります。人間界・天上界・餓鬼界・阿修羅界・畜生界・地獄界の六つ、これを六道と言います。地獄は大きく八つに分かれていて、とりわけ大きなスペースで展示されています。グロテスクなシーンの数々が凝った照明で照らされ、ダークな音楽でより恐ろしげな世界に。

写真・半田カメラ
写真・半田カメラ
写真・半田カメラ 拡大
写真・半田カメラ

「うわぁ……地獄には行きたくない、明日からまっとうに生きます!」と、ひとしきり反省したところで、仏の国へと導かれるという、ありがた~い流れ。館長さんの策略通り、いいオトナがまんまと考えさせられてしまいます。

いかがでしたか? 今回ご紹介したどちらの地獄も、ただ怖がらせるだけではない「愛」や「教え」がそこに感じられます。皆さんもいつか必ず来るその時のため、一度あの世を体験してみてはいかがでしょう。子供も大人もきっと何かを考えさせられるに違いありません。

半田カメラ

雑誌や広告などの撮影が本業の女性カメラマン。趣味で日本中を旅するうち異空間的風景にハマり、巨大な仏像に夢中に。とうとう大仏写真家として開眼。牛久大仏絶景写真集「牛久大仏はそこにいる。」(写真・著:半田カメラ)が牛久大仏の胎内売店、仲見世で発売中! 6月17~22日 新宿眼科画廊にて半田カメラ個展「巨大仏像写真展『夢みる巨大仏』」を開催します! ぜひお越しください。

Website「恋する巨大仏」

http://handa-camera.wix.com/kyodaibutsu-in-love

Blog「 気になったら とりあえず行ってみるブログ」

http://ameblo.jp/handa-camera/

あわせて読みたい

注目の特集