メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

臨床心理士・社会福祉士 小山秀之さん /和歌山

子供らの「居場所」で話を聞きながら、勉強を教えたりもするという小山秀之さん=和歌山市黒田で、稲生陽撮影

心と福祉、両輪の支援を 小山秀之さん(45)

 大学で講師として教壇に立つ傍ら、病院や中学高校のカウンセラー、スーパーバイザーなどいくつもの仕事を掛け持つ。今年2月には発達障害が疑われる子供の早期発見・支援につなげるためのNPO法人「わかやま心理教育サポートセンター・Peer」を立ち上げた。

 毎週金曜に子供らの「居場所」を作った和歌山市黒田の和歌山コンピュータ専門学校で子供らと触れ合いながら、年間数本の論文執筆や学会発表など研究活動も続ける。

 「長年この道一筋で活動してきたように見られるけど、実は僕が心理学を学び始めたのは29歳から。決して…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです