メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/5止 家族と暮らせる病院

チャイルド・ケモ・ハウスの家族スペースで思いを語る楠木重範医師=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 天窓から陽光が差し込む遊び部屋で、患者の男の子が笑顔を見せながら、おじいちゃんの蹴ったボールを返す−−。小児がん専門の治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(チャイケモ、神戸市中央区)のスタッフ、田村亜紀子さん(42)は、施設の中で繰り広げられる光景を眺めながら、胸の中で長男の結人(ゆうと)君に語りかけた。「夢の病院ができたよ」

 2014年4月に開設されたチャイケモは、小児がんの子が「家」のような環境の中で治療生活を送ることを…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです