メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「ありがとう」の力=残間里江子

 かつて「来年の桜が咲くまでには」とか「次の紅葉までには」と、季節が変わるごとに「夫を捨ててやりたい!」と言っていた女友達がこの2、3年は何も言わなくなった。

 「還暦を過ぎた頃から、何十年も同じことを言っている自分が恥ずかしくなって言わないことにしたの。夫も定年を迎えておとなしくもなったし、『ウン』くらいしか返事がなくても、独り言を言っているよりはマシだと思って。どうせなら少しでも活用してやろうと思って家事を手伝ってもらうことにしたの。それで、思いついたのがありがとう作戦。何をやってくれても『ありがとう』と言うことにしたのよ」

 かくしてゴミ出しや洗濯物の取り込みなど簡単なことでも、夫がやってくれる度に「ありがとう」と言い続け…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです