メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鬼平を歩く

江戸・東京今昔/33 江戸の海岸線 洲崎 数多くの錦絵の舞台 /東京

江戸名所図会で「この地は海岸にして佳景なり」と紹介された洲崎神社。明治以降の埋め立てで海は望めなくなった

 遠浅の海岸で潮干狩りを楽しむ人々。沖合では白帆に風をはらんで数隻の船が江戸湾を走っている。歌川広重の錦絵「江都名所 洲崎弁天境内」に描かれた風景。海岸に接した境内に並ぶよしず張りの茶店は、さしずめ海の家のようだ。

 潮干狩りのほか、初日の出、雪景色など洲崎弁天(現・洲崎神社)は海浜を背景に多くの錦絵の舞台となった。時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)第8巻第1話「用心棒」でも、境内からの眺めは「江戸湾の空も海も、霞(かすみ)に溶けている」景勝の地として描写されている。

 「用心棒」の主人公、浪人の高木軍兵衛は海岸沿いの小高い土手道を歩き、洲崎弁天に赴く。古地図を見ると…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1473文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです