熊本地震

ラグビーW杯代表3人訪問「元気もらえた」 「かっこいい」益城中央小児童に笑顔 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
畠山選手(左)や田中選手(右)との交流を楽しむ児童たち
畠山選手(左)や田中選手(右)との交流を楽しむ児童たち

だ円のボールに手こずりゲーム

 2015年ラグビーワールドカップ(W杯)の日本代表で活躍した広瀬俊朗さん(34)=現役引退、田中史朗選手(31)=パナソニック、畠山健介選手(30)=サントリー=の3人が1日、益城町の益城中央小学校を訪れた。同小は同日、熊本地震後初めて通常授業を再開していて、小学校に児童の笑顔があふれた。

 同小の5年生約80人が待ち受ける教室に3人が登場すると、児童からは「大きい」「かっこいい」などと歓声があがった。3人は運動場でボールを使ったパスゲームなどを楽しみ、児童たちも慣れない形のボールにてこずりながらも思いっ切り汗を流していた。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集