メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日米両国民の成熟度=西川恵

 <kin−gon>

 オバマ米大統領の広島訪問で試されたのは指導者としてのオバマその人ではなく、我々日米両国民だったのではないか。1週間たって振り返る時、そう思う。

 我々は広島を訪れた大統領の言葉一つ一つ、一挙手一投足に耳と目を凝らした。どこまで謝罪に近い言葉を発するのか、献花と黙とうにどこまで真摯(しんし)さが表れるのか、被爆者との接触はどういう形で行われるのか……。日米両国で多くの人々が強い関心を持ってテレビの同時中継を見つめたはずである。

 オバマ大統領にとって地雷原の中の細い一本道を行くがごとき難しい任務だっただろう。少しでも踏み外せば…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです