メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

「ベビーホテル」基準違反の施設も 夜間保育、課題抱え

雑居ビル6階にある一室で夕食を取る子どもたち。外にカラオケ店のネオンが光る=千葉県松戸市の「ミルキーホーム松戸園」で、宇多川はるか撮影

母子家庭の「駆け込み寺」

 夜間保育をしたり宿泊で子どもを預かったりする認可外保育施設「ベビーホテル」が増加し、全国の入所児童数は待機児童数を上回る状況にある。運営の不備を指導される施設が多いものの、認可夜間保育所の整備が進まない中、母子家庭の夜間保育の受け皿となっている。安倍政権は2日、「1億総活躍プラン」を閣議決定し、子育て支援を強く打ち出したが、専門家は保育環境を保つため夜間保育の在り方を見直すべきだと指摘する。【宇多川はるか、国本愛】

 日が暮れるとネオンがきらめく千葉県松戸市のJR松戸駅前。「先生さよなら またまたあした」。平日の午…

この記事は有料記事です。

残り2207文字(全文2479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです