メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中釜斉さん=国立がん研究センター理事長に就任

中釜斉(なかがま・ひとし)さん(59)

 どうしてがんになるのか−−謎を解き明かそうと20年以上、研究の道を歩んできた。

 研修医として最初に担当したのは肺がんの30代男性。治療のかいなく亡くなり、自分の無力さを感じた。その後も何人ものがん患者を診たが、内科医としてできることは少なかった。「がんについてもっと知りたい」と1991年に渡米し、腎臓がんの原因遺伝子の研究に没頭した。帰国後は、動物を使って発がん物質を探し、人のがんとどう関係するのかを調べた。

 がん対策基本法成立から10年の節目の年に、日本のがん研究のナショナルセンターのトップに。就任記者会…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです