自民党

選挙制度で改憲検討…参院選公約に明記

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 自民党は3日、参院選の選挙公約をまとめた。参院選挙制度改革について「都道府県から少なくとも1人が選出されることを前提として、憲法改正を含めそのあり方を検討する」と明記し、憲法改正の検討対象とすることを明記した。同日午後、稲田朋美政調会長が記者会見して正式に発表する。

 参院選挙制度を巡っては、「鳥取・島根」「徳島・高知」の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集