プリンスさん

薬物自ら投与「事故死」…鎮痛剤を過剰摂取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】4月に57歳で急死した米人気歌手プリンスさんの死因について、米中西部ミネソタ州の検視官事務所は2日、鎮痛剤として使われる薬物フェンタニルの過剰摂取が原因だと発表した。CNNによると、検視報告書は自殺ではなく、自ら投与したことによる「事故死」だと結論づけた。

 この薬物は効き目が強く、日本では麻薬に…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文362文字)

あわせて読みたい

注目の特集