メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリントン氏

トランプ氏へ批判強化…「国を危険に導く」

 【サンディエゴ(米西部カリフォルニア州)長野宏美】米大統領選の民主党候補指名をほぼ確実にしているヒラリー・クリントン前国務長官(68)が2日、サンディエゴで外交・安全保障に関する演説を行った。共和党候補の指名が確定している実業家ドナルド・トランプ氏(69)について、「米国の最高司令官にするのは歴史的な間違いだ」と訴えた。トランプ氏に反発する共和党穏健派や無党派を取り込む狙いがあるとみられ、11月の本選に向けたライバルへの攻撃を強化した。

 クリントン氏は約30分の演説をトランプ氏批判を中心に展開。約300人の招待客を前に「より不安で世界に携わらない恐ろしい米国か、私たちの国を安全にし、経済成長を導く強い米国かの選択だ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです