小2保護

不明当日から発見施設に…水だけで過ごす

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
田野岡大和君が発見された陸上自衛隊駒ケ岳演習場の宿泊施設(手前)=北海道鹿部町で2016年6月3日午後0時7分、本社機「希望」から
田野岡大和君が発見された陸上自衛隊駒ケ岳演習場の宿泊施設(手前)=北海道鹿部町で2016年6月3日午後0時7分、本社機「希望」から

 3日午前7時45分ごろ、北海道鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内にある訓練用の宿泊施設内で、5月28日から行方不明となっていた北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が6日ぶりに見つかった。大和さんは28日の夜以降、演習場内の施設で水だけで過ごしたといい、軽い脱水症状がみられたが、命に別条はない。発見現場からドクターヘリで市立函館病院に運ばれ、両親が本人と再会して確認した。

 道警函館中央署などによると、発見されたのは大和さんが不明になった七飯町の山中から北東に6〜7キロの場所。道警などは連日、不明場所から15キロ四方を捜索したが、同演習場は対象外だった。同演習場に部隊は常駐しておらず、同演習場で3日から予定されていた訓練に参加するため訪れた隊員3人が、訓練の準備のため施設に立ち寄り、発見した。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文977文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集