骨太の方針

財源課題に 閣議決定、増税再延期で修正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は2日、経済財政運営の指針「骨太の方針」や、働き方改革など今後10年間の施策をまとめた「ニッポン1億総活躍プラン」、新しい成長戦略「日本再興戦略」を閣議決定した。政府は、秋に策定する経済対策や来年度以降の予算にこれらの対策を盛り込む。ただ、消費税増税を再延期したことで、実現に向けた財源確保が課題になる。

 骨太の方針は、1億プランと成長戦略の内容も含むアベノミクスの基本方針。国内総生産(GDP)600兆円の実現に向け、子育て支援の拡充などを通して人材の活用と生産性向上を進める。額面を上回る買い物ができる「プレミアム商品券」など、消費喚起に向けた財政出動の必要性も強調した。与党の要望を踏まえ、当初2045年としたリニア中央新幹線の大阪延伸時期の前倒し整備に向け、政府が低金利で長期資金を提供する財政投…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文743文字)

あわせて読みたい

注目の特集