メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OPEC

産油上限、合意できず 総会でイラン反対

 【ロンドン坂井隆之】石油輸出国機構(OPEC)は2日、ウィーンの本部で定時総会を開いた。一部加盟国が需給引き締めに向けて原油生産量の上限の設定を模索したが、増産を続けたいイランとの溝が埋まらず、合意に至らなかった。4月のドーハ会合に続いて協調態勢の構築が不調に終わり、OPECの機能不全が一段と鮮明になった。

 OPECは昨年12月、日量3000万バレルの生産上限を取りやめ、事実上各国の裁量に委ねる体制に移行した。生産量が上限を超え形骸化していたためだが、足並みの乱れを突かれて原油価格は2月に一時1バレル=20ドル台まで急落した。今回、てこ入れを求める一部加盟国が上限復活を求め、サウジアラビアも支持したが、1月に経済制裁が解除されて以降、増産を続けるイランが反対した。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです