メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芭蕉

直筆の書簡や連句、画16点 京都などで発見

新たに見つかった松尾芭蕉の句自画賛「朝顔に」=兵庫県伊丹市の柿衞文庫で2016年6月2日、幾島健太郎撮影

 俳諧に関連した収集品を展示する「柿衞(かきもり)文庫」(兵庫県伊丹市)は2日、江戸時代前期の俳人・松尾芭蕉(1644〜94)直筆の書簡や連句、画など16点が京都府や愛知県の個人宅などで見つかったと発表した。書簡からは芭蕉の愛読書とされる中国の古典「荘子」を通じ、門下の仲間と思想的に強く結ばれていたことがうかがえる。

 芭蕉が亡くなる2年前の1692(元禄5)年、門人で膳所(ぜぜ)藩士の怒誰(どすい)に宛てた書簡には…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです