アカウミガメ

生まれるまで見守るよ 今年初の産卵確認 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アカウミガメの卵を掘り出して高台に移す若山澄夫さん=三重県熊野市大泊町の大泊海水浴場で、汐崎信之撮影
アカウミガメの卵を掘り出して高台に移す若山澄夫さん=三重県熊野市大泊町の大泊海水浴場で、汐崎信之撮影

 アカウミガメの産卵が3日、熊野市大泊町の大泊海水浴場の砂浜で、今年初めて確認された。産卵地が波打ち際から7メートルと近く、高波の被害を受けやすいため、30メートル離れた高台に移した。ピンポン玉大の卵が85個あり、約60日後に赤ちゃんが誕生する。

 アカウミガメなどのウミガメ類は近年、個体数が減少し、…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集