メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊産婦タクシー

使って 大阪狭山市がチケット交付 /大阪

 大阪狭山市は1日から、妊娠中または出産後1年以内の妊産婦にタクシーチケットの交付を始めた。タクシーの初乗り運賃(680円相当)を10回分助成する。府内では初めての試みという。

 市健康推進グループによると、妊産婦が医療機関などに安心して行けるようにという狙い。約1000人が対象となり、当初予算には事…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. #最後の1年 コロナ禍の受験シーズン 最後を決めたサッカー部員と母の思案 横浜市立旭中

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです