メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙訴訟

「受動喫煙で被害」和解 元社員訴え、積水ハウスが350万円 大阪高裁

 大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市北区)の社員だった女性(55)が職場の受動喫煙対策が不十分で健康被害を受けたなどとして、同社に約590万円の賠償を求めた訴訟が大阪高裁であり、会社側が女性に解決金約350万円を支払う内容で和解していたことが3日、分かった。

 和解は先月31日付。1審の大阪地裁は「対策は取られていた」と認定し、女性の訴えを退けていた。

 高裁が双方に和解勧告をしていたとみられ、協議が進んでいた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです