オバマ米大統領

「禎子の折り鶴」に体かがめ 原爆資料館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆資料館から出て、原爆慰霊碑に向かうオバマ米大統領(手前中央)と安倍晋三首相=小関勉撮影
原爆資料館から出て、原爆慰霊碑に向かうオバマ米大統領(手前中央)と安倍晋三首相=小関勉撮影

10分ほどの滞在 関係者の話から、詳しい様子浮かび上がる

 先月27日に被爆地・広島を訪問したオバマ米大統領は、平和記念公園の原爆資料館を見学した。わずか10分ほど滞在でその間の行動は非公開だったが、関係者の話から、その詳しい様子が浮かび上がってきた。オバマ氏は佐々木禎子さんの折り鶴に強い関心を示し、子供たちに話しかけながら自作の折り鶴を手渡した。事前に広島原爆について学び、平和に対して強い思いを抱いていたようだ。

 原爆資料館の志賀賢治館長らによると、オバマ氏の館内の滞在は「短時間になる」と事前に伝えられた。4月に訪れたケリー国務長官は約50分かけて数百点の資料を見学したが、資料館側は今回、数十点の資料を厳選し、1階ロビーに集めて「可能な限り原爆の悲惨さが伝わるよう工夫した」という。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1116文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集