メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

米と引き分け 大きな収穫「攻撃サッカー」展開

国際親善試合 世界女王の米国から3点を奪う

 【コマースシティー(米コロラド州)田中義郎】女子サッカーの国際親善試合で2日、高倉監督が初めて指揮を執った日本代表(なでしこジャパン)は昨年のワールドカップ(W杯)覇者の米国代表と3−3で引き分けた。2点リードした展開から逆転され、終了間際、途中出場の横山のゴールで追いついた。高倉監督は「勝てたかなと思う」と悔やんだ。しかし、五輪4連覇を狙う世界女王の米国から3点を奪い、目指す「攻撃的なサッカー」を展開できたのは大きな収穫だろう。

 高倉監督は代表初選出の佐々木、千葉を先発起用したのに加え、ワントップに岩渕、これまで前線を任されて…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです