メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通学路の安全を考えるシンポジウム

「安全確保、周囲のサポートも」 豊中・蛍池小 /大阪

通学路の安全について議論を交わすパネリストたち=大阪府豊中市の市立蛍池小で、加古信志撮影

 豊中市蛍池中町1の市立蛍池小学校で開かれた「第18回通学路の安全を考えるシンポジウム」(豊中市教職員組合、市PTA連合協議会、毎日新聞社主催)。登下校時の交通安全対策について活発に意見が交わされた。【原田啓之、山下貴史】

 市教職員組合の山崎靖彦執行委員長が昨年5月に市立桜井谷小学校近くで登校中の児童の列に車が突っ込んだ事故に触れた。昨年府内の交通事…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです