メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ゼンリン・住宅地図 「善隣」が創業者の思い

 住宅地図最大手のゼンリン(北九州市)。社名は隣国や近隣と親しくする「善隣友好」に由来する。創業者の大迫正冨氏が好んだ言葉だ。

 正冨氏は1948年、郷里の大分県で別府市の観光案内を手掛ける「観光文化宣伝社」を友人と設立した。湯治客らでにぎわう街の様子を見た正冨氏は、名所旧跡や旅館を掲載した観光小冊子の作製を思いついた。翌年、出版部門を引き継いで独立し「年刊別府」を発行した。

 「街歩きに役立つ」と付録の市街地図が記事より好評で、商店や官公庁から地図への掲載依頼が相次いだ。「地図は重要な情報源だ」。正冨氏は本格的に地図作りに取り組むことを決意し50年に社名を「善隣出版社」に変更。居住者名入りの「新しい地図」の作製を思い立ち、自ら白地図を手に一軒一軒、表札の名前を書き込んだ。52年完成の「別府市住宅案内図」は同社初の住宅地図となり、28年後に全国を網羅した。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです