メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

小島ゆかり・評 『石川啄木』=ドナルド・キーン著

 (新潮社・2376円)

芸術は不道徳の非難を恐れぬこと

 評伝である本書の進行に沿って石川啄木の生涯を追体験するうち、いつのまにか啄木の生きた時間の奥深くへ入り込むような錯覚を覚える。啄木はなぜ、生地・日戸(ひのと)村(岩手県)に関して一切口をつぐんでいたのか。年少にしてなぜ、並外れた知識を持ち得たのか。また、家族間の複雑な心境、早熟な恋愛、そして少年啄木の反抗精神について。その故郷と少年時の姿にすら、すでに多くの謎を見出(みいだ)して本書は始まる。

 啄木の成績が極めて優れていたので、級友たちは啄木を「天才」と呼び、この呼称は生涯啄木に付いて回った…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです