メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『<ジャック・デリダ>入門講義』=仲正昌樹・著

 (作品社・2160円)

“なんちゃってポストモダン”に退場促す

 難解なデリダの哲学を読み解く手ほどきの書。とりあげるのは『精神について』『死を与える』の二冊、講義の実況中継さながらだ。入門とあるわりに、中身は実に本格派である。

 脱構築を唱え、フランスの現代思想をリードしたデリダ。でも彼が批判したのは、ハイデガーやフッサールといったドイツ哲学だった。国境をまたいで西欧の知の伝統を組み換えようとする、格闘を堪能できる。

 仲正(なかまさ)氏の読解がすごいのはまず、フランス語/ドイツ語の日常語の語感や神学的・哲学的含意、…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです