メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スノーデン氏

ネット質疑詳報

ネットインタビューに答えるスノーデン氏=東京都文京区の東大・本郷キャンパスで2016年6月4日午後1時48分、後藤由耶撮影

 今から3年前、米国の国家安全保障局(NSA)のエドワード・スノーデン元職員(32)は、米国政府が自国民や他国政府の通信を傍受・監視していることを示す機密文書を暴露して世界に衝撃を与えた。ロシアに亡命中のスノーデン氏は4日、東大・本郷キャンパスで開かれたシンポジウムで、インターネットを通じて参加者と対話し「マス・サーベイランス(市民への大量監視)は人権に関わる問題だ」と肉声で訴えた。

この記事は有料記事です。

残り2837文字(全文3030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです