メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

就労継続支援B型事業所 サリュ所長・瀬端万起さん、やりがいが小さな自信に

商品のポーチやアクセサリーを手にする「サリュ」の瀬端万起所長(前列右から5人目)、吉川陽子理事長(同4人目)らスタッフと利用者の女性たち=京都市上京区で、小松雄介撮影

 京都市上京区、路地に面した町家。ここで障害者のための就労継続支援B型事業所「サリュ」を運営するNPO法人Salut(サリュ)の瀬端万起所長(43)に話を聞いているうち、利用者の女性が1人、2人と輪に加わり、取材の席はすっかりにぎやかになった。「お昼休みに話に出てきた『茶をしばく』の意味がわからなくって、後で調べたら……」「調べたん!」「調べたんや?」。時折、脱線して笑い声がはじける。

 ここには心の病を持つ20〜70代の女性30人が通う。1階の一角はアンテナショップになっていて、明る…

この記事は有料記事です。

残り2114文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです