選挙

沖縄県議選 自民、防戦に追われる 参院選影響を懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5日投開票された沖縄県議選(定数48)で翁長雄志(おながたけし)知事の県政与党が議席を上積みし、過半数を維持した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進めたい安倍政権は早くからこの選挙を重視してきたが、米軍属による死体遺棄容疑事件で反基地感情が高まり、防戦に追われた。自民党現職が改選を迎える7月の参院選への影響は避けられないとの見方も出ている。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文949文字)

あわせて読みたい